Hiroto Tabata & Associates, Architects

門前仲町の小さな喫茶店


店主が一目惚れした元駄菓子屋だったという小さな空間。3枚の木製引戸の中で提供される時間。「コーヒーを入れる音、匂いに落ち着き、長屋の奥から聞こえる巻時計の音が静かに感じられる空間がほしい」。私の中での静かなラグジュアリーとはどういったものなのか、そんなことを日々悶々と頭に漂わせた提案です。


Location: 東京都江東区
Client: Undisclosed
Building Type: cafe 
Current status:proposal 
Budget: Undisclosed
Time scale: 2020

Using Format