Hiroto Tabata & Associates, Architects

Pineapple workshop

ドミニカ共和国、モンテ・プラタ県にて事業展開をするパイナップルブランド、ASOPROPIOMPLAのジャム加工場兼カフェスペースの提案。広大なパイナップル畑を有する景色を威圧するものではなく、あくまでも建物がランドスケープの一部となることを目指した。

地域的な不安要素として、ハリケーンなどの自然災害を意識するがゆえ、重く大きく、強靭な工場型のような建築物が好まれる傾向にあるが、今回の提案では、環境にも適応できる強さを持ち合わせた木造とし、claddingにはpolycarbonate-sheetを使用し、軽く透明感のある空間を目指すと共に、地元の農家に馴染みのある建材を使用することで地域のモデルケースとなれるデザインを提案。

スタートアップ企業として、ドミニカ共和国政府より期待されているASOPLOPIOMPRAのこのワークショップが、地域コミュニティーの中心となりえる場所、パイナップル事業の人間だけではなく、他業種の人々が集い、新しい集会所となり、地域の活性化につながる用途にふさわしい場所となりえる空間を意識した。

-----------------------------------

Location: Monte Plata, Dominican Republic

Client : ASOPROPIMOPLA / Japan International Cooperation Agency (JICA)

Building Type: Food production facilities and cafe

Time Scale: 2019-

Budget : $25 m

Current status: Pre-planning

-----------------------------------


Using Format